鈴が鳴る音

神奈川にいる大学生の日記。

わせすいにいってきました

わせすいこと早稲田吹奏楽団の第79回演奏会に行ってきました。

今月は演奏会続きでしたね。そういうシーズンなのかな(笑)

 

これもまた友人に誘われていきました。

午前中はバイトが入っていて、いろいろあって伸びてしまったので、行こうかどうか迷ったんですけど暇だしがんばっていくことに。結構ギリギリでした。

 

ギリギリについて後ろのほうの真ん中らへんに適当に着席したら、

なんと前の席に友達が!びっくり!

おなじ友人に誘われていたそうです。

 

 

座った時はウェイティングコンサートをやってました。クラリネットアンサンブル素敵でした。(正直友達に会った衝撃でそれどころじゃかったですが)

 

時間になって、演奏者が楽器関係なくバラバラと入ってきて、次々と音出しをはじめました。

なんじゃこの秩序のない演奏会のスタートはとあきれていたら、なんとひょろーと指揮者の方が入ってきて、なんか音出ししてた状態のまま流れるように一曲目が始まりました。

 

もうびっくり。

 

そんな始まり方しちゃうの。と感心してしまいました。素敵でした。

 

慶應と同様、人数が多いためメンバーはステージごとに大体入れ替わります。

まあ吹奏楽コンクールの自由曲になるような曲ばかりの演奏会なので全乗りしたら死亡しそうですよね(笑)

 

正直こちらも二週間近く過ぎたことなので、全然思い出せませんが、響きの厚い感じがして心地よかったです。

 

 

あとプログラムの後ろにある団員紹介でびっくりしたんですけど、インカレサークルなんですね。いろいろの大学の方がいらっしゃってびっくりしました。

 

いろいろな係の仕事などの代表の方まで記載されていましたね。正直ちょっといらない気が、、、そもそも合宿係とか演奏会関係ないやんみたいな。裏のことを表にもってくるのはすきではありません。

でも組織がしっかりしているんだろうなというのが見ててよくわかりました。

 

 

お客さんは意外と若い人が多かったですね。たぶんほとんどが団員の知り合いなんだろうなと思いましたが、この年齢層は演奏会にしては珍しいなとおもって少し感動しました。オケの年齢層も下がればいいのに、、、

 

 

すごく吹奏楽部の延長なのかもしれないという演奏会でした。

あらゆることにたいしてクオリティが高くて圧倒された感じです。

 

 

また日程が合えばいきたいので、友人君が誘ってくれるのを願います。

 

 

 

ちなみにこの友人は前言った高校の同期のBくんです。お疲れさまでした!

第79回 定期演奏会

慶應ウインドアンサンブルの第79回定期演奏会に行ってきました。

 

もうおよそ二週間前のことになります、、、

 

 

 

慶應の団体がたまたま続きましたね。友達が二人ほど出演しているので、いきました。

 

友達一人目は小学校からの親友です。家が近所で中学校のとき部活が同じだったので、毎日登下校一緒にしてました。

私の結婚式のスピーチは間違いなく彼女でしょうという存在です。

じつは今日も電車が一緒になってたくさん話しました。話が止まらない感じ。

高校は別々だったので久々に演奏しているところをみれてよかったです。

 

 

友達二人目は高校の部活の友達です。チケットを私にくれてありがとう。

この子はノリが近いです。非常に。

でも部長を三年間成し遂げてくれたしっかり者さん。

高校時代に出会えた人の中で一番尊敬している人です。

相変わらず楽しそうでよかったです。

 

中学の時の友達と高校の時の友達が同じステージにいるってとても変な感覚です。

なんというかふふふと笑ってしまいます。

 

会場はパルテノン多摩でした。お初ホールです。

最寄り駅の多摩センターはサンリオピューロランドの最寄でもあります。

横目で豪華な入口を眺めてスルーしました(笑)行きたかった。

 

今迄に行ったことないタイプのホールでしたね。後で演奏した友達も言ってたけど、一階がまっすぐなんですよね。段差がほとんどない、、、

残響もあまりなくてというか届いてこなくてなんか遠いところで演奏しているのを見ている感じがしました。

 

だからこそ、きれいにまとまって聴こえました。ほんとに今までにない響きですごく楽しかったです。ホールって面白い、、、

 

 

演奏はオケ曲を吹奏楽編曲したものが多かったですね。まあでも三日月の舞とダッタン人の踊りですごく響け!ユーフォニアム感を感じたので、吹奏楽のコンサートだって感じました。

 

ステージごとにほぼ全員のメンバーチェンジするのがすごいですね。大所帯。

 

最後アンコールぐらい全員で演奏すればいいのにとか少し思いました。多すぎて消防法とか引っかかるのかな(笑)

 

 

もう二週間たったので正直演奏は全く覚えていません!よくまとまった感じのものだった気がします!なんにせよよかったです!

 

 

 

アンコールはなぜかあかとんぼとはつらつとしたマーチ(題名忘れた)。

すてきな演奏でした。

 

また予定が合えば聴きに行きたいなあと思いました。

どうせまた誘われるか、、、(笑)

Road to Catharsis Tour 2018

RADWIMPSのRoad to Catharsis Tour2018横アリ公演に行ってきました!

 

お姉さまに連れていかれました。

何気に横アリに行くのは初めてで、姉にすっごくきれいになったよね~とかいわれても「へ、へえ~」としか言えませんでした。

 

昨日は梅雨らしく雨。

まあ中入っちゃえば関係ないんですけどね。

 

よくよく思い返してみると、フェスには行っていたけどライブに行くのは一年前ぐらいのRADのHuman Bloom Tourぶりです。

 

でもRADのライブはこれと今回の二回しかいったことはありません。

そもそもそこまですごいファンなわけじゃなくて、姉に連れていかれてるだけなんですよね。

 

微妙に世代からも遅れているので、知らない曲も多く今回はセトリを確認してからいきました。

 

ちなみにライブは連れていかれてるとはいえ、全力で聴きます。叫びます。踊ります。

最高に楽しかったです。

 

照明とか映像とかそういった演出も非常にかっこよく、美しくて見とれてしまいました。

曲も全部素敵でした。なんで連日ライブしてるのにあんなに歌えるんでしょうね。うらやましいです。

 

DVDのカメラも入ってました。用事を断ってきたので、映らないことを切に願います。(笑)

まあ、ばれないと思うのですが。

 

 

お客さんの盛り上がりもいい感じでしたね。

終始洋次郎さんが「置いてけぼりにしないでね。みんなでいこうね。」みたいなことを言ってたからか、昔の曲が多くても私もなんかついていけた感じがしました。

個人的には、ます。が一番楽しかったかなあと思います。一番好きな曲でもありますし。

幸せな揺れたくさん起こったと思っています。

 

 

そういえば、いつもライブとかはジーパンで行ってたんですけど昨日初めてワイドパンツで行って、めっちゃ踊りやすくて感動したので次からもワイドパンツで行こうと決意しました。

どこに感動してるんだろう。(笑)

 

 

 

やっぱりRADのライブは楽しいので、姉にまた誘ってもらいたいものです。

 

第224回 定期演奏会

先日、慶應義塾ワグネル・ソサエティー・オーケストラの第224回定期演奏会に行ってきました。

 

友人に誘われていきました。

ワグネルといえば学生オケの中でも相当有名な団体というように私は認識しています。

 

だって第224回定期演奏会。224。

年2,3回って考えてえ、、、何年やってるの?って思いますよね。

もうかっこいい。第224回定期演奏会って響きがかっこいい。

伝統が染み出てくる感じしますね。

 

 

ミューザ川崎シンフォニーホールのB席、オケの後ろ上手側の席でした。

ホルンとかチューバとかが見えなかったのが少し残念。

 

ちなみにプログラムは私好みなデザイン。

f:id:Flowerbox:20180619221900j:plain

 

 

正直、クラシックは全く知識がなくてこの曲はどうだったとか言えないし、知識があるない関係なくこの怒涛の週末のせいで全部忘れてしまいましたが、素人があえて感想をあげるなら、

 

 

 

うまかったです。

 

 

 

まず音がすごくきれい。こんないいホールで聴いたのも久しぶりだったので、余計そう感じたのかもしれませんが、弦楽器の音がきれいに通ってきました。

 

弾いているときの動きも華麗でしたね。

すごく偏見をもった言い方で言いますが、慶應って感じがしました。(笑)

 

大体同じ年とは思えないですね。5歳ぐらい上の方々のように感じました。

 

スメタナのわが祖国は以前チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏をサントリーホールで聴いたのを思い出しましたね。

あの時の堂々とした流れをもって演奏された主題の印象が強すぎて、今回の演奏は私的には物足りなく感じてしまいました。

 

しかし、三曲ともとても素晴らしくてあっという間に演奏会も終わってました。

 

終わりは割とあっけない感じですこしびっくり。

友達とさささと帰りましたが、建物でてすぐのところでバンドが演奏しててクラシックの余韻はこれもあっけなくなくなりました。

もう勢いやと思いながら、帰りの電車でロックを聴いてそのままの勢いで高校の部活の同期会に行きましたね。

 

余韻をぶち壊す余韻もありなのかもしれないとか考えました。

建物すぐのところで演奏してたバンドありがとうございます。

曲もわりと好みでした。

 

名前確認しとけばよかったです。

 

はじめて課題に追われる

今、課題に追われています。

 

本当はこんなこと書いてる暇がないぐらい追われています。

 

すべての原因はここ最近の予定です。

水曜 サークル

木曜 バイト

金曜 バイト

土曜 演奏会と同期会←イマココ

日曜 文化祭からの打ち上げ

月曜 サークル

 

無理です。無理だけど、この土日を一か月前から楽しみにしてきた人間としては全部どうにかなる気がしています。根拠もなく。

 

来週、レポート×2、小テスト×2、予習×3ですがどうにかなる気がしています。

使える時間は今から1時間のみですが、どうにかなる気がしています。

 

正直文系の楽な授業が多かったようでいままで課題に苦しんだことが一度もないのでどうなるのか、わかりませんが今から一時間頑張ってみましょう。

 

 

 

きっとどうにかなる。そう根拠もなく思っちゃうぐらい、この土日の予定が抱えているパワーは大きいです。

 

みんなにあえる。みんなにあえるんだ。

 

 

 

そう言い聞かせながら、一時間頑張ります。

ちょっと、すごくうれしい

昨日、大学でNICOのNXAツアーTシャツ来ている人を見かけました。

 

 

学食で見かけて、思わず「NXAだ」って声に出してしまいましたが、なんせ学食。

うるさすぎてみじんも伝わってなかったようで、よかったのか悪かったのか。

 

そういや今回のTシャツはNICO Touches the Wallsって文字も小さくて、おしゃれだし、しふくにもなるのか~って感心してたけど、普通に裏はNICO Touches the Walls、NXA TOUR、~side、みたいになってたのを見て、よく着てきたなって思いました。

 

 

男の人だったから、まだ平気だったのかな。

それとも、NICOのファンです!って強調したかったのかな。

やっぱり、ちゃんと話しかけるべきだったかな。

 

 

そんな勇気はないけど。

 

 

そんな勇気はないけど、話しかけてたら友達になれてたかもしれないし、もしかしたらライブに一緒に行くなんてこともあったのかもしれないとか思うとちょっとおもしろいですね。

 

 

実際にそうやってグッズを身に着けてるようなファンに遭遇すると、SNSでファンのひとを見かけるよりもだいぶうれしいものですね。

 

その日一日また会えないかなってにやにやしてました。

 

 

 

私でも身に着けられるようなグッズほしいな、、、

ACOのバンダナとかならいけるかなあ、、、

 

 

それで「なにそのバンダナ?」とか言われて、

「これはだね」とか言ってやって、

いろんな曲とか勧めちゃって、

「え、いい曲だね」とか、

「ボーカルうまいね」とかなって、

「だろだろ~」って言いたい。

 

 

 

NXAツアーTシャツ着てた人はなんていわれたんだろ。気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の友人って

昨日、高校の部活の友人に会いました。

 

 

私は吹奏楽部だったのですが、その低音パートの同期の三人で集まろうという話になりました。

 

吹奏楽部といえば女子の部活、、、と思いますがやはり低音、私以外の二人は男子でした。

女子一人心細いな男子よくわからないなと思いながらも、三年間過ごしていたらそりゃ息の合った友人になります。

仲良くしすぎるのもよくないのかなとか距離感に悩んでいるうちに、二人は彼女を作っていたので何も気にせずに話せるようになったというのも実は大きかったりします。

 

 

でもやっぱり男子。なかなか3人で集まるということは今までできていませんでした。

 

 

しかし、先日パートリーダーを務めていた男子(Aくんとします)が「三人で集まらない?」と言い出しました。

もう私としてはそれはそれは大歓喜ですよ。

見た瞬間、心臓が上下にぴょんぴょんって踊りだしましたよ。

 

楽しみにしすぎて、あんまり楽しくなく感じちゃうんじゃないのかって思わず怖くなるぐらい楽しみにしてしまいました。

 

 

 

結果から言うと、杞憂でした。

楽しいかったし、なんか表現おかしいのかもしれないけど幸せでした。

 

まずもう一人の男子(Bくんとします)の遅刻。

そもそもBくんにあわせて集合時間を決めたのに遅刻するとは何ぞや。

そしてBくんさらに迷子。動くなと伝えたのになぜか動く。私とAくんで必死に探す。集合するまで20分かかりました。

 

それから引退する一個下の後輩へのプレゼントを買って、ご飯食べました。

 

たくさんあるメニューから選ぶのに悩んで悩んで悩んで、挙句の果てに全く同じセットメニューになった男子二人。大盛りまで一緒。

本人たちは「えーなんで一緒なの」といっていたけど、なんかうれしそうな笑顔してて私が一番うれしくなっちゃったかもしれないです。お得でしたね。

 

基本的には、三人の現状報告みたいな会話でしたけど、やっぱり高校時代を思い出します。

二人とも彼女とうまくいっているようで何よりです。爆発してほしいですね。

 

 

大学にはまだ気の許した友人がいないから、余計に高校の友人には何でも話してしまうものですね。

年々会わなくなるのかもしれないけど、でもこの二人とはずっと仲良しでいたいです。変な話、おじいさんおばあさんになっても。

 

昔の友人という立ち位置になってしまっても、ずっと今の友人でいてほしい人。

そんな人に私は素敵な高校でたくさん会えた気がします。

 

来週は高校の文化祭。部活の同期みんなに会えます。

地方に行った人も帰ってきます。

 

また、心臓がぴょんぴょん。

一週間頑張れます。