鈴が鳴る音

神奈川にいる大学生の日記。

わせすいにいってきました

わせすいこと早稲田吹奏楽団の第79回演奏会に行ってきました。

今月は演奏会続きでしたね。そういうシーズンなのかな(笑)

 

これもまた友人に誘われていきました。

午前中はバイトが入っていて、いろいろあって伸びてしまったので、行こうかどうか迷ったんですけど暇だしがんばっていくことに。結構ギリギリでした。

 

ギリギリについて後ろのほうの真ん中らへんに適当に着席したら、

なんと前の席に友達が!びっくり!

おなじ友人に誘われていたそうです。

 

 

座った時はウェイティングコンサートをやってました。クラリネットアンサンブル素敵でした。(正直友達に会った衝撃でそれどころじゃかったですが)

 

時間になって、演奏者が楽器関係なくバラバラと入ってきて、次々と音出しをはじめました。

なんじゃこの秩序のない演奏会のスタートはとあきれていたら、なんとひょろーと指揮者の方が入ってきて、なんか音出ししてた状態のまま流れるように一曲目が始まりました。

 

もうびっくり。

 

そんな始まり方しちゃうの。と感心してしまいました。素敵でした。

 

慶應と同様、人数が多いためメンバーはステージごとに大体入れ替わります。

まあ吹奏楽コンクールの自由曲になるような曲ばかりの演奏会なので全乗りしたら死亡しそうですよね(笑)

 

正直こちらも二週間近く過ぎたことなので、全然思い出せませんが、響きの厚い感じがして心地よかったです。

 

 

あとプログラムの後ろにある団員紹介でびっくりしたんですけど、インカレサークルなんですね。いろいろの大学の方がいらっしゃってびっくりしました。

 

いろいろな係の仕事などの代表の方まで記載されていましたね。正直ちょっといらない気が、、、そもそも合宿係とか演奏会関係ないやんみたいな。裏のことを表にもってくるのはすきではありません。

でも組織がしっかりしているんだろうなというのが見ててよくわかりました。

 

 

お客さんは意外と若い人が多かったですね。たぶんほとんどが団員の知り合いなんだろうなと思いましたが、この年齢層は演奏会にしては珍しいなとおもって少し感動しました。オケの年齢層も下がればいいのに、、、

 

 

すごく吹奏楽部の延長なのかもしれないという演奏会でした。

あらゆることにたいしてクオリティが高くて圧倒された感じです。

 

 

また日程が合えばいきたいので、友人君が誘ってくれるのを願います。

 

 

 

ちなみにこの友人は前言った高校の同期のBくんです。お疲れさまでした!